天氣太熱,四周是蒸發和腐臭,汗滴成水漥,站在困窘的水漥中央只期待被射穿心臟
皮膚上長出像是肉芽般的花瓣
花瓣上全是白癬,像是要龜裂一樣,皮屑簌簌落下
落下後也看不見肉色或血色,新生的皮膚是紫的

哭泣的場所消失後眼淚再也沒有了
眼眶漲滿的是粘液
體內奔流的也是,不斷不斷的切割也沒關係,因為充滿黏液的我和低等生物沒有兩樣

只能萎縮,人格融化在汗滴成的困窘水漥
不美麗就只能萎縮
閉上眼睛便不再想醒來--到不了夢裡也無法變成青空--確確實實的知道

冬日是囈語和夢
夏日是永無止境的崩毀和恍惚


該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://littleflowerno1.blog39.fc2.com/tb.php/15-cbef2b29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。